HOME>オススメ情報>戸建て住宅を建てるための資金を調達しよう

十分な資金調達の方法

間取り

戸建て住宅を購入したり建てたりしてマイホームにしたいという人は大勢いるものの、自己資金が十分にないために躊躇してしまうことも珍しくありません。住宅ローンを組むにしても頭金が必要になりますが、そもそもローンを組みたくない場合もあるでしょう。一棟マンションを売却するのは戸建て住宅を手に入れるための資金調達をするのに有用な方法です。不動産投資をしている場合や、親が亡くなった際に一棟マンションを相続したような場合には資産として持っている場合があります。売れば数千万円になることが多いので戸建て住宅の購入にも建築にも十分な資金を手に入れることができるでしょう。

売るのにかかる費用を知ろう

間取り図

一棟マンションを売却するときnは費用もかかることは念頭に置いておく必要があります。不動産会社を利用すると仲介手数料がかかり、一般的には売却金額の3%少々という大きな出費になるので注意が必要です。また、売却益が出たときには譲渡所得税がかなり大きくなることがあります。賃貸経営をしている場合には住人に出て行ってもらわなければならない場合もあり、立ち退きを要請するためにも費用を負担しなければならないのが一般的です。

費用相場を知っておこう

部屋

一棟マンションの売却にかかる費用の相場は売却金額の1割前後と知られていますが、実際にはケースバイケースです。仲介手数料無料の業者を利用したり、住人がいない状況で販売活動を始めたり、売却益がなかったりすれば費用はほとんどかかりません。状況によってどのくらいの費用がかかるかはわからないという認識を持って、自分の場合にはどうなるかを試算してみることが大切です。売却金額からそれを差し引いてみて、戸建て住宅の手配に十分な資金が得られるかを確認してから売却するかを決めましょう。