それぞれの種類を見ておこう

住宅模型

広島県福山市にはたくさんの分譲住宅があります。分譲住宅の種類といってもなかなか一言で述べることはできません。そこで住宅の形について見ていくと、一般的には2階建ての住宅が多い傾向にあります。分譲住宅はもともと万人受けする住宅になりますので、割と無難な形の住宅が多い傾向です。3LDKから4LDKの住宅が一般的ですが、場所によっては2LDKでリビングが非常に広いようなところもあります。ただそのような住宅はごく少数派ですので、多くはやはり3LDKか4LDKになるでしょう。2階建てや3階建てが多い傾向にありますが、多くの場合2階建てになります。3階建てにする場合には土地に余裕がない場合ですので、よほど市街地でない限りは2階建てになると考えておけばよいです。

金額によって素材が異なる

家族

福山市の分譲住宅といっても、作る会社によって金額帯が異なります。安い費用で作っている住宅は、基本的にあまり素材にお金をかけていません。耐震性などは、法律で定められているためその範囲内で設計してきますが、それ以外の部分に関しては可能な限りシンプルな作りにします。例えば外壁を見てもツートンカラーなどではなくアイボリー一色で塗られているようなところも少なくありません。気に入らなければ、10年後ぐらいに外壁塗装をし直してツートンカラーにすればよいだけですので、外壁の色はそこまで気にする必要はないでしょう。後は、建物の中身の問題です。

基本的に都内などに比べると安い

男女

福山市は、そこまで人口が多いわけでもなく市街地の中心地もある程度にぎわってはいますが、東京都内のようにビルが乱立しているわけでもないです。マンションもあるかもしれませんが、遠くの景色が見えないぐらいマンションが立ち並んでいるわけでもありません。このような地域で分譲住宅を建築する場合は、基本的に安い値段で建築をすることが可能です。建物そのものにかかる金額よりも、土地にかかる値段が安くなるわけです。日本の平均的な分譲住宅の金額は3000万円前後になっていますが、福山市の場合にはそれよりも安く手に入る住宅が多いです。

駐車場が広い

一軒家

福山市の分譲住宅の特徴は、なにより駐車場が広いことです。もともとこの地域は、そこまで公共の交通が発展している訳ではありません。もちろん福山駅前などに行けば、新幹線が止まるぐらいの駅になりますので、それなりの利便性は確保されています。しかしながら、それ以外のところに関してはやはり自動車がないと不便な部分があります。そこで分譲住宅を建築する場合も、自動車が2台以上入るような住宅になっているところがほとんどです。場合によっては3台の自動車を入れることができるところもありますので、自動車を何台か所有する場合には非常に使い勝手の良い住宅になりやすいです。